指揮者のつぶやき

2013年度の練習が始まる

2か月間の合同演奏企画を終えて、
昨日からEVANは2013年度の練習が開始しました。
7月13日の「山科駅」に向けて、
10曲のレパートリーが仕上がるように練習を重ねていきます。
「山科駅」以降は、出来上がったレパートリーを持って、
様々な地域で演奏させて頂こうと考えています。

昨日は前々から連絡を下さっていた見学者
「エノキちゃん」が練習に参加してくれました。
ありがとうございます。
次回も練習に来て下さるようで、感謝!
エバンの練習で何か気が付いたことがあれば、
なんでもおっしゃって下さい。

また、休団されていた「こずえさん」と
御令嬢様「あやねちゃん」も練習に再び参加してくださいました。
子育てでお忙しい中、ありがとうございます。
EVANが少しの息抜きになれば、と思っております。

さて、昨日は女声合唱曲「Ave Maria」(コダーイ)と
「鉄腕アトム」の練習が始まりました。
女声は3声の宗教曲で、
前半はシンプルな和音と旋律で構成されています。
人数が増えてきた女声にとっては、
声を合わせる、耳を鍛えるための良い曲になりそうです。

「鉄腕アトム」は慣れないリズムや半音階に苦労しました。
次回、また頑張りましょう。

練習は生もので、毎回毎回違います。
昨日は「一人一人の声を聴くこと」に私は固執しすぎていないか、と反省しました。
「神は細部に宿る」と言われるように、
作品を丁寧に仕上げるには、細かい部分の練習が必要不可欠です。
でも、それにこだわり過ぎてしまうと、
全体の進度が遅くなり、仕上がりが遅れていきます。
昨日はその迷いを練習中に出してしまったことを反省しています。

練習後、この春から東京に旅立つよーこりんへ、
歌や、メッセージ付きの写真アルバムをプレゼントすることが出来ました。
EVAN史上初めて見学に来てくれた、よーこりん。
いつも周囲に対して優しく、明るく、
でもきちんとやるべきことをやる貴女を私は尊敬しています。
また、いつでも戻っておいで。

かめおか2011
(思い出の亀岡にて、よーこりんと共に)

2013年03月24日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ