指揮者のつぶやき

「声」と「ハコ」の密接な関係について

仕事では来週から学校公演が始まります。

今年の夏は、主に新しい作品の制作をしていました。
その初演が、来週の月曜日にありますので、
今週は、今日も明日も現場でリハーサルです。

出勤前に、少しだけつぶやき。

IMG_0760

私達の仕事は、
セリフを言う時、
マイクなどを使わず、
生の声を直接客席に届けています。

「声」というのは
その場、その場の環境によって、
響きや聞こえ方が少しずつ変化します。

例えば、同じ作品を演じていても、
劇場でする時と、
学校の体育館でする時では、
言葉の出し方は変わってきます。

同じ学校の体育館でも、
天井が高いか低いかや、
建物が新しいか、古いか、
などによって、変わってきます。

舞台役者は、
「ハコ」(劇場などの建物)
の性質を敏感に察知します。

トラックの荷物を
体育館に搬入する時、
荷物を担ぎながら、
その空間に入った瞬間に
「お、ここは響くな」とか
「ここはやりにくそうだな」
と感知します。

それぐらい、
「声」と「ハコ」の関係は密接です。

さて、
アンサンブルエバンは
10月5日に大日のベアーズで演奏をします。

本番の舞台は、天井の無い、
まさに「青空」の下でのコンサートです。

(両袖が壁で囲われているので、
反響はすると思います)

リハーサルは、
八雲東小学校の音楽室と
体育館をお借りします。

この2つの部屋も、
それぞれ広さが違うので、
響きは変わってきます。

「発声練習」は
自分の声を起こしたり、
トレーニングするために行いますが、
本番前、特に意識してほしいのが、
「自分たちの声がハコにどれぐらい響いているか」
を感じとり、調整することです。

僕自身も、
みなさんが、響かせやすくするために、
上手くナビゲートしようと思いますので、
10月5日にはそんなことを頭に入れて、
元気いっぱい演奏しましょう。

では、仕事に行ってきます!

2013年09月28日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ