指揮者のつぶやき

演劇をしながら学んでいる間について

普段、私は子どもたちに学校の授業で演劇を見せる、
児童青少年演劇、という仕事をしています。

IMG_1289
(写真は公演先の小学校のHPからお借りしました)

「芸術の秋」というように、
10月、11月は一年の中で学校公演が一番多い時期で、
先月は20数ステージ、今月も20数ステージの本番があります。

家に帰ったら寝て、
夜明け前に起き、
トラックを運転して、
学校に着き、
舞台設営して、
リハして本番をして、
舞台をバラして、
次の学校に行き、
家に帰ったらすぐ寝る、
そんな生活を毎日続けます。

(主に日程調整の面で、
エバンの活動と調整してくれた加藤さんや、
メンバーの皆さんに感謝しています。)

劇団は、私が生まれる前から事業を継続しており、
中には公演回数が3000回に達しようとしている
ロングラン作品もあります。

素直に、凄いと思います。

IMG_1288

昨日知りましたが、その長年の功績を讃えて、
うちの芸術監督が「文化庁長官表彰」の被表彰者に
選ばれたそうです。

「永年にわたり、演出家として、
特に関西の児童青少年演劇界にあって
児童青少年演劇の質の向上を
目指して精力的に活動を重ねるなど、
我が国の芸術文化の振興に
多大な貢献をしている」(功績概要)

おめでとうございます!

演劇の仕事をしていて、勉強しているな、
と感じる一つは「間」(ま)についてです。

「間抜け」「間が悪い」「間延び」という言葉もあるように、
少しでも、間を取り過ぎると、途端に客席との
コミュニケーションが悪くなる、という現象が起こります。

私は現在5年目ですが、
入社当初はとにかく
「セリフはゆっくり、間は詰めて」
という指導を徹底的にされました。

子ども達はとくに「間が長い」と
だらけてしまうからです。

反対に、適切な間でセリフを言うと、
ドッと笑いが起きる時もあります。

それは、0.1秒単位の世界です。

5年目にも関わらず、
毎日むちゃくちゃ怒られていますが、
舞台芸術の奥深さを仕事をしながら学べる、
良い経験だと思い、働いています。

2013年11月27日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ