指揮者のつぶやき

新しいコンサートのカタチ

「だいすけくん、手伝ってね!」

ピアニストの白石麻奈美さん(通称・まなみん)の一言と、
おもしろいデザインのチラシに興味を惹かれて、
『キッズのための参加型コンサート』のお手伝いをしてきました。

おもしろいデザインのチラシ

satomana

ご覧ととおり、コンサートのチラシにしては、
個性的というか、ちょっと変わったデザインですよね。

一般的に音楽会のチラシを作るとき、
ピアノの演奏会であれば、ピアニストの顔写真が、
オーケストラの演奏会であれば、指揮者の顔写真が、
演奏される曲目と共に掲載されます。

しかし、このチラシはそういう顔写真は
裏側に小さく掲載されています。
演奏者のプロフィールもちょこっと書かれているだけです。

コンセプトを大切にされている様子が伝わります。

satomana2

さて、点線で書かれた図形の存在に気がつきます。
「点線にそって切り抜くと…」と書かれているので、
実際にハサミで切り抜いてみました。

IMG_1906

表を向けると、、

IMG_1907

動物達が出来上がりました。

しかも、
鶏や白鳥については単色ではなく、
複数の色で構成されています。

これは楽しい。

チラシを宣伝のためだけに使うのではなく、
情報を得た後は、遊びの素材として再利用できる。
良いアイデアだと感心しました。

    さらにブラッシュアップするとしたら、、

  1. 切り抜いた動物を捨ててしまうのは残念。
    (後述する)コンサートブックに貼り付けたらどうか。
  2. チラシのサイズをA4ではなく、スクエアにすればどうか。
    子ども達が折り紙として楽しめるかもしれない。

「そうだ、ピアノを弾きに来たんだ」

当日。

初めてお会いする、
ピアニストの河瀬里子さん(さとこさん)にご挨拶。
ワークショップデザインを学ばれていないのに、
すでにワークショップデザイナーのような雰囲気の、
優しくて楽しい、元気いっぱいの御方でした。

Exif_JPEG_PICTURE

会場設営は、
演奏するステージの近くに、
「子ども達のためのワークスペース」、
そしてその後ろに「大人の座席」とされました。

Exif_JPEG_PICTURE

ここはコンサートをする場所か?
と思うほど、楽しく飾り付けもされていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

子ども達にワクワク感を抱かせるような、
また、音楽を聴く時、イメージの手助けとなるような、
祝祭的な空間が出来上がりました。

準備に没頭されていたさとこさんが、
ピアノをようやく触って、一言。
「ピアノ弾きに来てたんだ!」

キッズのための参加型コンサート

コンサートの前半は
「コンサートブックをつくろう!」という
時間が設けられました。

Exif_JPEG_PICTURE

さとまな先生(さと:さとこさん まな:まなみん)と一緒に、
会場で手渡されたコンサートブックに、
動物などのシールを貼っていきます。

これは後半で連弾される、サンサーンス作曲の
『動物の謝肉祭』と連動しています。

たとえば、最初はライオンのページです。

まず、さとまな先生が
第1曲「獅子王の行進曲」の触りを弾きます。
そして、すかさず子ども達に
「この音はなんの動物かな~?」と問います。

Exif_JPEG_PICTURE

子ども達は「チーター!」とか、
思い思いに発言しています。

頃合いを見て、
ライオンの絵を登場させます。

Exif_JPEG_PICTURE

子ども達はライオンのシールを
1ページ目に貼り付けます。
子ども達はシールが大好きです。

こうして、
事前にコンサートブックを作ることによって、
後半のコンサートで何の動物が演奏されるかを、
予め、子ども達に「楽しく」伝えていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

他にも、ゾウの曲の時は、
ピアノのリズムに合わせながら、
「おっとっと、おっとっと」と
身体を揺らせて、音楽を体感したり、

Exif_JPEG_PICTURE

水族館の曲の時は、
照明を暗くさせて、
プロジェクターを使うなど、
子ども達が楽しめるように、
様々なアプローチをされていました。

漫才コンビのようなさとまな先生が、
後半はドレスアップ!
照明も少し落ち着いた明るさになり、
サンサーンス『動物の謝肉祭』が演奏されました。

Exif_JPEG_PICTURE

ちょっと前までにこやかだった先生が、
真剣な表情をして連弾されています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

バイオリンとフルートのサプライズ。

Exif_JPEG_PICTURE

「キッズのための参加型コンサート」は
暖かい拍手に包まれて終了しました。

今回のような
「ワークショップ」+「コンサート」というスタイルは、
子ども達が楽しみながらプロの音楽に触れることの出来る、
良いアイデアの催しだと感じています。

もちろん、

  • ワークショップ全体の演出について
  • 音楽家が人前で話すときの話し方について
  • 取り上げる曲の省略や凝縮
  • 講義型の机の配置以外の可能性
  • ワークショップの内容の工夫(シール貼り以外の取り組み)
    例えば、「耳の長い動物」を一緒に考えてみる、、とか
  • など、いくつかのブラッシュアップできる点も感じました。

    せっかく出来上がった
    一つの新しい「コンサートのカタチ」を、
    より洗練させていきながら、
    保育園や幼稚園、小学校などで
    このコンサートが広がっていければと思います。

    さとこさん、まなみん、
    お疲れ様でした!

    さとまな先生がおくる
    キッズのための参加型コンサート
    「どうぶつたちのカーニバル」
    2014.3.29.sat
    open/13:30
    start/14:00-16:00
    at 蛍池ルシオーレホール

    2014年04月02日
    カテゴリ:指揮者のつぶやき


    HOME

    コメントを残す

    ページトップへ