指揮者のつぶやき

生野区に合唱団を!

自分のやりたいことや
夢を言葉にすれば、
それはいつか実現する。

ちょっと文章にするのは恥ずかしいですが、
昨日はそれを実感した一日になりました。

私は週末におよそ1時間弱ぐらいかけて、
京都の伏見に行ってエバンの練習をしています。

それはそれで、とても楽しいのですが、
一方で、自分の生活圏内でも合唱が出来れば、
生活に豊かさをもたらす、コミュニティが出来れば、
と考えていました。

4年前から暮らす生野区には、
伝統ある少年少女合唱団はありますが、
老若男女が気軽に集えるような
コミュニティ・コーラスは見当たりません。

もちろん、
学校区ごとのPTAコーラスは盛んなようですが、
校区の枠を越えた、誰もが集えるような
地域のための合唱団が欲しいなあ、と思っていました。

それに、
Social inclusion(社会的包摂)、
「全ての人々を孤独や孤立、排除や摩擦から援護し、
健康で文化的な生活の実現につなげるよう、
社会の構成員として包み支え合う」という面からも、
合唱は地域のために機能していくと私は考えています。

(ある意味では、指揮者の私が
一番包み込んで頂いてるようにも思います、、)

去年の末に、
生野区役所でワークショップが行われました。
区役所が住民のアイデアに耳を傾けて、
応援・支援する、という内容です。

私は、せっかくですので、
その場で上記のような合唱団が欲しい、
という話を会場に集まった参加者に
むけて話していました。

たまたま、私の隣に座っていた
「きたむらさん」という女性が、
コーラスの話に興味を持って下さいました。

後日、私と、きたむらさんと、
きたむらさんのお友達の「めぐみさん」の3人で、
喫茶店でお茶を飲みながら、
「なんかしたいよね~」と盛り上がりました。

その後、とんとん拍子に話は進み、
きたむらさんとめぐみさんがお仲間を集めて下さり、
練習場所の確保もして下さり、
昨日、生野区民センターで
記念すべき第一回の練習を8人で行いました。

練習後に嬉しいメールも頂きました。

「今日はありがとうございました!
お疲れ様でした(*^◯^*)
とても楽しかったです。
想像以上です。
8人で、あれだけ楽しかったのだから、
もっと多くなれば
もっと楽しくなること間違いないですね?」

この、まだ名前も無い合唱団が、
「楽しい」という気持ちを仲間と感じ合いながら、
豊かに成長していってくれたら嬉しいです。

きたむらさん、めぐみさん、
本当にありがとうございました。

次回は4/25(金)19:00 – 21:00
生野区民センターで練習します。
メンバー大募集です。

IMG_0658

2014年04月12日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ