指揮者のつぶやき

合唱の力を通じた世代間交流

2014年、
アンサンブルエバンは
京都市の東部文化会館と協働して、
「コーラス・コミュニティ・プロジェクト」
というプログラムに取り組みます。

そして、その成果を10月26日(日)に
東部文化会館で開催される
『コーラスフェスティバル in 山科・醍醐』
で発表します。

合唱の力を通じて
地域に世代間コミュニケーションの場を創り出すことが、
このプロジェクトのねらいです。

コーラス・コミュニティ・プロジェクトは
合唱によって出会い、繋がり、コミュニティを創造する、
発表(舞台で演奏)付きのワークショップです。

ワークショップは
まず「子ども」と「大人」を対象に実施します。

「子ども」側は、
山科中学校合唱部・
洛東高等学校コーラス部・
京都藥科大学ユーベルコール
などの児童青少年です。

また、「大人」側は
山科中央老人福祉センターに集まる方々などです。

指揮者の橋爪大輔がそれぞれの学校や施設に出向き、
60分程度のワークショップを行います。

そして、個別のワークショップを終えた後、
今度は東部文化会館に集まって頂き、
「子ども」と「大人」が一緒にワークショップを行います。

ワークショップでは
アンジェラ・アキの『手紙』を練習して、
その成果を10月26日に舞台で発表します。

先日、
コーラスフェスティバルの実行委員会の方々に
ワークショップの体験をして頂きました。

終了後、委員の御一人から
「最近は音楽の授業が減ってきている。
合唱を通じてコミュニケーションをする、
そんな活動を私もしたかった」
というお言葉を頂き、勇気づけられました。

合唱は
人間の声一つで参加することが出来る、
音と言葉の芸術です。

合唱に取り組むことで
参加者は自身の想像力を豊かに膨らませ、
創造性を刺激します。

また仲間と一緒に声を出す行為は、
参加者に繋がる喜びを感じ、生きる力を養います。

誰でも気軽に参加できる合唱活動を通じて、
世代間を越えたコミュニケーションの場づくりを
地域やホールと共に創りだすことが、この企画の目的です。

10481525_253441318198172_4074257534435920826_o
(実行委員の方々と)

《平成26年度 京都市東部文化会館自主事業》
『第10回コーラスフェスティバル in 山科・醍醐』
平成26年10月26日(日)13時開演 入場無料
会場:京都市東部文化会館 ホール(12時30分開場)

【お問い合わせ】
電話:075(502)1012
【主催】
コーラスフェスティバル実行委員会
京都市東部文化会館
(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
京都市
【協力】
京都市山科中央老人福祉センター

2014年07月25日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ