指揮者のつぶやき

コーラス・コミュニティ・プロジェクト

アンサンブルエバンは10/26に
京都市東部文化会館で開催された
第10回コーラスフェスティバルin山科・醍醐で
「コーラス・コミュニティ・プロジェクト」の
成果を発表しました。

1026_8
(東部文化会館のHPより)

コーラス・コミュニティ・プロジェクトの目的は、
公共文化施設とアーティストの協働による、
合唱の力を通じた地域における世代間交流です。

エバンや指揮者の橋爪が、
年代の違う4つの団体の施設に自ら出向き、
合唱を気軽に楽しめるようなワークショップを行いました。

1074662_646249162140555_4621152855611176910_o
10/1 京都市立山科中学校合唱部と

10668768_636648206433984_5729056205121294541_o
9/10 京都府立洛東高等学校コーラス部と

10572069_637851356313669_959462987410187900_o
9/13 京都藥科大学混声合唱団ユーベルコールと

1519185_637852352980236_188862328727442059_o
9/13 京都市山科中央老人福祉センターにお集まりの方々と

個別のワークショップの後は、
東部文化会館のホールに集まり、
子どもと大人が共に歌い合うワークショップを行いました。

10683455_653661921399279_1002365304740953390_o

以上の様子は映像としても記録されて、
現在youtubeで公開されています。

10/26 本番当日の様子

10397287_658691290896342_5295943426724056919_o
高声のパート練習

10733717_658691357563002_6986074944918226917_o
低声のパート練習

10560413_658691407562997_2333837203469931040_o
全体練習の様子

10649010_658691567562981_6818732767191838904_o
集合写真

本番終了後に、
「さわやかな歌声を聞けて感動した」
「こんな企画が毎年続いて、人数が益々増えて欲しい」
など嬉しいお言葉を聞いております。

今回、ふりかえってみて、
大きな学びの一つとして、
「ホールとアーティストがいかに連携するか」、
について考えさせられました。

コーラス・コミュニティ・プロジェクトは、
ホールの方々がプロフェッショナルな
コーディネートをして下さったおかげで、
数ヶ月かけてじっくり行ったワークショップの一回一回は、
本当に楽しく行うことが出来ました。

ひたすら「その瞬間」に集中することが出来ました。

ホールの方は最後までアーティストの批判やダメ出しすることなく、
取り組みの一部終始を見守り続けてくれて、
そしてその都度評価して下さいました。

このコーディネーター側の姿勢が、
アーティストにとってどれだけ勇気付けられたことでしょうか。
各団体との調整や、助成金でのサポートなど、感謝しきれません。

鈴木さんを始め、
東部文化会館の皆さま、
本当にありがとうございました。

2014年11月06日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ