指揮者のつぶやき

発声は生活や生き方を深める

アンサンブルエバンは活動を開始して5年目です。
京都、大阪、滋賀、遠くは三重県から集まるメンバーもいます。

練習会場は、西宮、大阪、奈良、
と色々な場所で行ってきて、
今は京都の伏見で落ち着いています。

今年は伏見青少年活動センターでの練習がほとんどでしたが、
昨日は伏見いきいき市民活動センターで練習をしました。

昨日の会場は、いつもより部屋も広く、
反響もいつもより響きにくいです。

ですので、
昨日は練習をしていて、
「身体全体を使った発声」が
これからの課題になってくるな、
と感じました。

今までの部屋では、
軽く声を出しただけでも良く反響する、
歌い手にとって心地の良い場所でした。

しかし、その出し方では、
昨日の様な場所では物足りない印象です。

演劇の世界でも、
舞台発声と映像の発声はやや違うと言われていますが、
合唱でも、マイクを使うアカペラの発声と、
ホールに直接響かす声楽の発声はやや違います。

僕は劇団に勤めていた時、
その仕事現場の大半は体育館でしたが、
体育館の後ろまで声を飛ばそうとすると、
しっかりとお腹で支えて、かつ
上半身はリラックスした、
響きのある声が必要となってきます。

エバンも練習場所がせっかく変わったので、
これからはそういうアプローチもしていきたいな、
と思いました。

そして、最近思うのですが、
発声を深めていくことは、
何も合唱や趣味の領域だけではなく、
生活や仕事、生き方を深めるのではないか、
という想いを持つようになっています。

最近、整骨院の施術家の人とお会いする機会があり、
しっかりした発声はインナーマッスルを鍛えて、
自主性を引き出し、メンタルをトレーニング出来る、
というアイデアを交換しました。

とても興味深く、
自分のこれからのテーマの一つとして、
探究していきたいな、と思っています。

色々と書きましたが、
同じ空間に過ごす仲間が、
幸せな人生を送られることを願っています。

2014年11月24日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ