指揮者のつぶやき

音が外れてもあなたは素晴らしい

前回の練習で、
あえて、やってみよう、
と思ったことがあります。

それは、
暗譜していないのに、
楽譜を見ずに、
指揮を振ってみる、
ということです。

指揮者の講習会にいくと、
「指揮者の仕事の
最も大切なことは
楽譜を『読み込む』こと」
と必ず言われます。

まさに、その通り。

でも、
あえて、譜読みせずに、
曖昧な状態で、
指揮を振ってみる。

準備していない自分でも、
自主練習していない自分でも、
人前に立つ価値はある。

そうやって、
まずは自分自身を認めてあげることで、
他人を認めてあげられるようになる、、
、、かもしれません(^^)

練習してきていない。
・・・全然問題なし。
あなたはそのままで価値がある。

音が外れている。
・・・全然問題なし。
音が外れていても、
あなたは素晴らしい。

がんばったから、
素晴らしいのではなく、
すでに、
もう今が素晴らしい。

こういう価値観の
合唱指揮者が、
一人ぐらいいてもいいんじゃないかな、
と思っています。

DSC_0011

赤ちゃんは、
皆、素晴らしいなあ。

2015年05月26日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ