指揮者のつぶやき

合唱ワークショップの可能性

昨日は

大阪大学

ワークショップデザイナー

育成プログラム

で出逢った方に

オファーを頂き、

京都の高校の

土曜授業で

合唱ワークショップを

させて頂きました(^^)

 

人数は24人、

時間は60分。

場所は音楽室。

(エバンのメンバーも誘うと

2人が、一緒に参加してくれました。)

ありがとう!

 

今まで、

学校の中で

合唱ワークショップは

何度かやってきましたが、

「授業時間」の中でする、

っていうのは初めてで、

楽しかったです。

 

合唱ワークショップ。

 

取り組む内容は合唱ですが、

合唱や歌のスキルを向上させるために

するのではありません。

 

(・・まあ、結果的に

歌も上手くなるのですが(^_^;)

 

ワークショップで

取り組んだことは

コミュニケーションゲームや

カノン(輪唱)ですが、

僕がメッセージとして

伝えたかったことは

「自信」「他者を感じる力」です。

 

合唱をすることで、

身体を通じて、

声を通じて、

コミュニケーションを通じて、

自分を感じ、

他者を感じる事。

 

ワークショップ終了後、

「一人で歌った時より、

集団で歌った時の方が

他の人の声が聴こえて

落ち着くことが出来た」

という言葉をもらいました。

 

うんうん、

そうでしょう(笑)

 

一人で歌った時の

孤独さや、

落ち着かなさ、

不安を感じたからこそ、

仲間と歌った時の、

安心感、

一体感を

感じる事が出来るんですよね(*^_^*)

 

ワークショップで行った

ワークは以下の通りです。

 

  1. <解説>ワークショップの取り組み方について
  2. 【ワーク】アイスブレイク「1,2,3」
  3. 【ワーク】アイスブレイク「ban」
  4. 【ワーク】輪になって「zip zap」
  5. <解説>セルフイメージについて
  6. 【発声】ストレッチ
  7. 【発声】鼻呼吸・ハミング・母音「あー」でロングトーン
  8. 【発声】音階練習・滑舌(na ne ni)
  9. <解説>他力について
  10. 【カノン】蚊のカノン
  11. <終わりに>感じた事を言語化してほしい

 

これで、60分です。

結構、ヴォリュームありますね。

 

このワークショップ、

高校生だけにするのは、

もったいない。

 

多くの方に体験してもらいたいので、

僕の住んでいる生野区で、

開催してみたいと思っています。

 

良いものをお届けできると、

思っているので、

今から楽しみです(*^_^*)

FB_IMG_1434166918274

写真はいく楽くらぶより

 

あ、もう一つ。

昨日やっていて、

新たな考えが生まれました。

 

ちょっと前まで、

ファシリテーターって

「引き出すことが役割。

意見を押し付けない人」って

思っていたのですが、

 

ワークは同じことをする。

自分の思うメッセージは発信する。

 

でも、

ワークをどう捉えるか、

メッセージをどう解釈するかは、

参加者の「自由」。

ワークやメッセージに触発されて、

想像力豊かに、

自分の考えを拡げていく。

 

これも、

ワークショップじゃないかなあ、

と思いました。

 

だから、

僕は

メッセージは伝えるけど、

強制はしない。

 

★ 僕の音楽ワークショップ仲間が、

HPを作りました♪ ⇒ こちら

彼女の迫力ある歌声と、

可愛らしい雰囲気に、ファン急増中です ★

 

★ 声を磨いて人生を豊かに ★

大阪でボイストレーニングをしています。

声は一回のトレーニングで変わります(*^_^*)

⇒ 詳細はこちら

2015年06月14日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ