指揮者のつぶやき

テーマは「手放す」

昨日は練習でした(^^)

 

最近の、自分のテーマとして

「手放す」があります。

 

てばなす【手放す】

手に持っていたものを放す

所有していたものを人手に渡す

 

自分がいつまでも

「それ」を握っていると、

「それ」に執着して、

その場にある「あれ」を

気づくことができない。

 

だから、僕自身、

「それ」も「あれ」も

何かわかっていませんが、

自分のこれまでの

パターンを崩すことによって、

あるいは、それまでの

自分の在り方を卒業することによって、

新たなステージに行きたい、

そこにあるものに気づきたい、

と、そう思っているのです。

 

僕は本当に

色々なものを握り過ぎていた。

昔の僕を知る人は

同意してくれると思います。

 

例えば、

昨日、手放したもの。

 

発声練習は、

メンバーのゆうちゃんに

たっぷりしてもらいました。

11401100_768852426546894_4505759091210018755_n

メンバーから

発声に関する

質問が出て、

それをきっかけに、

1人1人の

声をチェックする、

という時間も生まれました。

 

また、僕自身も

ゆうちゃんに

トレーニングしてもらったことで、

自信が付いたのか、

その後、いつも以上に

「歌で示す」ことが

出来たのではと思います。

1453329_768898453208958_5044672901031595629_n

また、なめちゃんに

ストレッチ教室をしてもらうことで、

僕では醸し出すことのできない、

癒しの時間が生まれたのでは、

と思います。

 

例えば、

昨日、手放したもの。

 

譜面台に楽譜を置かずに

練習を進め、

指揮を振ってみました。

 

楽譜を見ていないので、

当然、曖昧な旋律(メロディ)が

出てきたとき、

あれ?どうだたっけ、となります。

 

それに気づかずに練習していると、

最近、入団した新人の大学生

てっしーが言いました。

「その音、違いますよ」

 

お!

 

てっしー!

 

絶対音感あるのね(^^)

 

こうして、

ポスト・りかちゃん

ポスト・みかこさんが

生まれてくるのです。

 

これも、

僕が楽譜を見ながら、

カッチリキッチリ練習していたら

気が付かなかったこと、

あるいは、

自分の能力を手放しきっていないと、

「自力」にこだわり過ぎて、

てっしーのその才能を軽視して、

彼女の能力をすぐに、素直に、

充分に活かせきれなかったかもしれません。

 

例えば、

昨日の練習で手放したもの。

 

練習時間。

 

ちょっと早く終えて、

皆で鴨川で歌って遊びました。

楽しかった~。

11401368_768898413208962_8270019168279492889_n

なるほど、要するに、

今まで自分がしていたことは

「苦労」「努力」するために

「苦労」「努力」していたのだな、と。

 

本当は、

「幸福」「楽」でありたいのに、

それになる手段として

「苦労」「努力」を選択している。

 

でも、

「苦労」「努力」して

「幸福」「楽」になる確率よりも、

 

「幸福」「楽」をして、

「幸福」「楽」になる確率のほうが、

確実に高い。

 

でも、僕達は

「苦労」「努力」を

ある意味では

小さい時から

刷り込まれている。

 

「苦労」「努力」をすることが、

素晴らしいと謳われている。

 

* 昨日の情熱大陸も

そういう角度から見ていると、

ああ、ますます

「苦労」「努力」思考が強化されるな、

と思いました。

11205041_396725153869787_4754546808873954532_n

 

★ 僕の音楽ワークショップ仲間が、

HPを作りました♪ ⇒ こちら

彼女の迫力ある歌声と、

可愛らしい雰囲気に、ファン急増中です ★

 

★ 声を磨いて人生を豊かに ★

大阪でボイストレーニングをしています。

声は一回のトレーニングで変わります(*^_^*)

⇒ 詳細はこちら

2015年06月15日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ