指揮者のつぶやき

【エルシステマ】初めて一コマを受け持つ

エルシステマ京都で音楽の先生(?)をしています。

IMG_0241

「エル・システマは南米ベネズエラで始まった
楽器貸与の無償音楽教育による青少年育成運動です。
山間僻地や経済困難地域を中心に音楽教室を開いています。」
エルシステマ京都のHPより

大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムを
受講中に「エルシステマ」の存在や活動を知りました。

京都はギター教室として活動されていますが、
本来、エルシステマは
オーケストラや合唱で取り組んでいますので、
私としては「エルシステマ京都にも合唱を!」
という気持ちで、月に一回程度関わらせて頂いています。

代表の渡部さんはもともと人権のNGOの活動家です。
被差別部落と在日朝鮮人をテーマに活動されてきたそうです。

渡部さんは「行政や運動が何十年もかかって
越えられなかった壁を音楽は越えられるかもしない」
という希望と覚悟を持って、
エルシステマ京都を運営されています。

さて、昨日はいつものギターの先生がお休みでしたので、
不肖ながら、私が90分の一コマを最初から最後まで担当しました。

今回は、普通にギターアンサンブルのレッスンをしました。
楽器が声だろうが、ギターだろうが、
アンサンブルに共通するルールは一緒だと感じました。

例えば、出だしの音を揃えること。
例えば、周りの奏者と一緒に呼吸を合わせること。
例えば、カノンの模倣を意識すること
(他パートが大きく演奏したら、自分も大きく演奏する)。

そういった決まり事を、丁寧にゆっくり指導して、
実際に体感してもらえるような時間を作りました。

エルシステマ京都(東九条)には、
未就学の可愛らしい児童もいれば、
受験を控えた中3の生徒もいます。

歳の離れた彼らが一緒の教室で、
歩みを揃えてアンサンブルする姿は、
大変美しく感じました。

帰り際、代表やエルシステマを支援して下さっている方に
「大阪の生野でもエルシステマの事業をしたい」と伝えました。
美山や東九条でされているのはギター教室が中心だからです。

生野で、合唱のエルシステマをしたい。
そんな夢も抱きながら、今後も関わらせて頂きます。

近かったので、アルティで
シュッツの演奏会を聴いて帰りました。

千原英喜先生の曲集ばかりを集めた2回目の個展です。
(ちなみに一回目の時も学生時代にぶっこんで聴きに行きました)

今朝、夢を見ました。
卒団する4回生の定期演奏会で指揮をした
『近松門左衛門狂想曲』をかつての仲間と練習している夢です。

千原先生の魑魅魍魎とした世界が、
当時の合唱体験を夢の中で甦らせたのでしょうか。

独り、
布団の上で
ごろごろ、
どきどき、
しみじみ、
しんみり、
とした後、

窓を開けて、
今つぶやいています。

本日です↓
よろしければご参加下さいませ。

choruscafe

2013年09月22日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ