指揮者のつぶやき

南フランスの旅で考えたこと

最後の教会コンサート(ヴェゾン)を終えた翌日からは、
午後に行われるワークショップのみが練習となり、
その時間以外は比較的自由に過ごすことが出来た。

もちろん
観光や買い物に出掛けても良かったのだが、
エスカパドホテルの持つ、
静かで柔らかな空間の中に
少しでも長く留まっていたいと思った。

10001160_211384232403881_2046185347204182851_o 10012641_211384539070517_6864865301228290470_o

朝食を食べた後、
バスルームで手洗いした洗濯物を干すためにホテルの庭を歩くと、
どこからか馬の鳴き声が聞こえてくる。

(宿舎から少し離れた森に
黒と白の2頭の馬が放し飼いされていた)

ホテル内には沢山のレッスンスタジオがあり、
難曲に挑戦するピアノやフルートの二重奏、
暖かいチェロの低音があちこちから聞こえてきた。

貸して頂いたピアノのレッスン室で、
窓を開けてリストの『Ave Maria』を弾いて遊んでいると、
共感出来るフレーズが心に響き、
自然と涙が零れ落ちた。

夜、
中庭にある白いプラスチックのチェアーに座って目を閉じると、
木の葉のサラサラとした音が、
風の起こりと共に聞こえては消え、聞こえては消えた。

10171087_211384222403882_3194457676774462034_n 1493284_211384245737213_6275065548257133217_n

4つの教会コンサートを行い、
マスタークラスのワークショップを受けて、
6人の指揮者によるファイナルコンサートを終えた今、
一番感じているのは「聴くこと」ついて。

「本当のp(ピアノ)」とはどういうことか、
「他パートを聴く」とはどういうことか。
それを教会の響きや、
マスタークラスのワークショップで学んだように思う。

例えば、森の中で自分自身が【静寂】である時、
自然の中に自分は包み込まれていて、
[私]がそこに居ないような感覚になる。

そういう感覚を合唱団で共有している時、
心地の良い、落ち着いた気持ちで
アンサンブルに一体化出来たような気分になった。
(そこには「誰が上手い」
「誰が賢い」のような
[個人]は必要とされていない)。

逆にザワザワした環境の中で歌わなければならない時、
吐き気しそうなほど不快な気分にさえもなった
(向井先生には潔癖と言われてしまった)。

10171105_211384212403883_5750692752762023784_n 10001551_211384242403880_4302233690185138469_n

日本に帰って、
Ensemble EVANで練習を進められることに本当に感謝したい。
自分が感じた音楽環境をEVANのメンバーに「説明する」のではなく、
実際に練習を通じて伝えたいと思っている。
スピーチするのではなく、目と腕で音楽を伝えること。

2012年08月01日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ