指揮者のつぶやき

団について語ること

今朝は実家のパソコンから書き込んでいます。

私はこうやって自分の思っていることを書いたり、
練習中にEVANについての気持ちを語ったりしています。

もちろん、団について語ることは指揮者としての
「責任」「仕事」のようなものだと思います。

でも、ちょっと怖いなと思うのは、
「橋爪の語り」=「団の文脈」
になってしまうことです。

「文脈」は、物事が進行していくために必要ですが、
一つの文脈が受け入れられる代償として、
他の“在り得た”文脈は保留もしくは排除されてしまいます。

「文脈の選択」は
確かに集団を保つ方法の一つなのですが、
個人で練り上げた文脈が一人歩きしていくと、
かならずや、
その集団の思考を蝕んでいくと思うのです。

今はこう考えています。

橋爪は語りますが、あくまで
それは橋爪からみたEVANの物語である、という前提。

でも、その物語は、
メンバーの存在によって、
常に更新されています。

メンバーの存在、
新鮮な感性との出会いによって、
文脈はアップデートされ続けます。

「全員、語れ!」とは書いていません。
以前、そうして失敗しました(笑)

今はこう思っています。

メンバーひとりひとりの存在が、
すでに「語って」いるのだと。

私はその一人ひとりが発する「語り」に
耳を澄まして、自分の思考の糧としていきます。

(もちろん、読み取るだけではなく、
教えてもらうこと、話し合うこともしますけどね)

それが前に立つ者の
「しなくちゃならんこと」だと思っています。

2011年10月16日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ