指揮者のつぶやき

人数の多い練習

昨日はEVANの練習でした。

EVAN史上最も人数の多い17人での練習となりました。
助っ人や、見学者の方々がいらっしゃったおかげです。

人数が普段より多いので、
練習場は活気に溢れたものとなり、
最後まで集中力の切れない、
楽しい時間になりました。

いつもの練習内容と比べると、
細かい部分に時間を費やせなかったなあ
というのが心残りですが、
それでも、人数が増えるというのは
嬉しい、幸せなことです。

正規の練習の前に個人練習を行っていますので、
メンバーの皆さんはぜひご活用ください。

Ensemble EVANは20代がほとんどで、
外部から指導者は招いておらず、
団員のみで運営している団体です。

EVANの練習スタイルは、
一人の指導者が仕切るのではなく、
多くの団員が前に立ち、
それぞれの担当部分(ストレッチ、発声・・)の
練習を進める、というやり方です。

私を初めとして、
力が無かろうが前に立ち、練習を進め、
メンバーに見守ってもらいながら
指導力をつけていってもらいたいと考えています。

昨日は、最近入団した西本君による
「一番はじめは」の練習時間も設けました。

西本君は京大合唱団の2回生で、
来年は彼らの代が中心となるので、
EVANで前に立つ力をつけていってもらいたいな、
と考えたからです。

西本君の練習後には、
メンバー一人ひとりに簡単なコメントを書いてもらい、
西本君に手渡してもらいました。

学生指揮者は
バトンテクニックも重要ですが、
「前に立つ」という経験、
「慣れる」ことも大切ですので、
EVANの活動で研鑽していってもらえたら、と
橋爪は思っております。

がんばれ、にしもっち!

さて、7日後は2年目となる
「ガレリア亀岡・サンデープチコンサート」
の本番がやってきます。

少しでも良い演奏が出来るように、
私も指揮の練習をしておきますので、
みなさんもどうぞ、よろしくお願いします。

2012年度は様々な地域で演奏する予定ですが、
まずは亀岡が楽しい時間になりますように!

2012年07月01日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ