指揮者のつぶやき

小アンサンブルコンテストに出場

Ensemble EVANは今年も京都合唱祭、
小アンサンブルコンテストに出場することが出来ました。

これも、EVANに集うメンバーのおかげ、
支えてくれる周囲の方々のおかげです。
ありがとうございます。

また、今回はベースの助っ人メンバーとして、
松尾君にも三重県から参加していただきました。
初めて会うメンバーにも、すぐに親しくなっていく彼は、
合唱の“リテラシー”だけではなく、
人間同士の付き合いも優れているなあ、
といつも感じております。

本番終了後、
EVANのサポートメンバーとして
また来てくれると言ってもらえたので、
困ったときは、よろしくね。ありがとう。

京都合唱祭は京都会館で毎年行われていますが、
今年はその会館が閉館&再整備のため、
八幡市文化センターにて祭りが実施されました。

小アンサンブルコンテストは小ホールで開催されました。
開演前に出演団体が集まり、他団体の演奏を聴きながら、
自分の出番が来たら客席から舞台に上がり、演奏する、
という去年と同じような形式で進行されていました。

「アンサンブルコンテスト」と言っても、
京都のアンコンは、厳格に審査されて順位付けされるわけではなく、
聴衆はお菓子を渡されて、気に入った団体に投票する、
というちょっと変わった(?)スタイルで運営されています。

司会者も会場を“盛り上げながら”、
時折、出演団体にインタビューしながら進行するので、
他の府県のアンコンとは雰囲気も違い、
歌いやすいのか、そうでないのか、
何にせよ、アンコン出場2回目のEVANにとっては、
色々感じることのあったと思う本番でしたでしょう。

ただ、私が思うには、
たとえ、会場がどんな雰囲気だろうとも、
ホールの響き方が掴みにくいと感じたにせよ、
お客さんの趣味・嗜好が様々にあるにせよ、
誠実な演奏こそ、
懸命な演奏こそ、
真摯な演奏こそが
人々の心を動かすと信じています。

EVANにとっては2回目の京都アンコン。
初めて一緒に舞台に立つメンバーもいました。

本番の繰り返しこそが、
EVANを育てていきます。

あせらず、
あわてず、
あきらめず。

次回は7月8日に亀岡市の道の駅、
「ガレリアかめおか・サンデープチコンサート」
に出演します。

10曲ほどの曲目に、MCもつけて
30分程度の時間を受け持つことになります。

今年も亀岡の地に立てることを有難く思いながら、
新しいメンバーと演奏できることを感謝しながら、
一生懸命演奏したいと思います。

橋爪の両親も聴きに来ると言っておりました。
みなさま、ぜひ友人知人をお誘い下さいませ。

やんちかさんは妊娠五ヶ月。
出産されたら、
旦那さんが練習場で赤ちゃんをあやしてくれる(?)
団員は、安産祈願するように!

アルト・期待の新人、ちーちゃん。
わずか数日で「Birdland」を暗譜して、
舞台に立っていました。さすが!
これからも、EVANのアルトをよろしく。

本番終了後の、飲み会では
ここでは書けない話題も沢山出ていましたが、
男性の家事について話していると、
EVANの最年長・吉川さんからメールが。
「かなりハードランドな一日でした。」
タイミングが良すぎて、
さすがというかなんというか。笑

2012年06月03日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ