指揮者のつぶやき

サンデープチコンサートに出演しました

Ensemble EVANは12月11日に京都府亀岡市にある
「生涯学習施設・道の駅 ガレリアかめおか」にて、
サンデープチコンサートに出演して参りました。

EVANにとっては設立3年目にして、初めて
(ささやかな)コンサートが出来た日でもありました。

12月という寒い時期に、
半屋外のロビーでの演奏だったので、
お客さんにとっては大変辛い環境だったと思いますが、
それでも、30名程の暖かい聴衆に見守られながら、
楽しく、一生懸命に演奏することが出来ました。

また、
今回は大学合唱団時代の先輩、Fさんが
助っ人として参加してくださり、
若いEVANを支えてくれました。

Fさんには本番のオンステだけでなく、
リハーサル前に「特別発声講座」も
担当して頂けました。
お忙しい中、
EVANのために参加してくださったことを
団員一同心より感謝しております。

Fさんより頂いたメッセージを紹介します。

「みなさんキラキラひかる宝石の原石のようでした。
磨き続けるとすごいことになりそう。
可能性を感じてワクワク。楽しかった!
居心地良い雰囲気だし、だいすきになりました。
機会があればまたご一緒させてください。
本当にありがとう!!」

EVANにとって12月11日は思い出深い、
大切な一日になりました。

当日のリハーサル、
そして本番での演奏体験は、
団の共有の財産、思い出、
団体力として還元されました。

本番終了後の、副団長家による総会、
選曲会議、新入団員の歓迎、
本番の打ち上げによって、
仲間と過ごす幸せを
充分すぎるほど感じることが出来、
また、今後の活動に対して
価値観を共有することができました。

家を無償で貸して下さり、
料理などのおもてなしをして下さった
加藤家夫妻に心から感謝しています
(まみちゃんありがとう)。
サーモンのおすし、オシャレなサラダ、
おでん、ひじき、カボチャの煮物・・・
おいしかったです。

バーテンダー役になり、
カクテル作りをし続けてくれた小川君にも感謝。

さて、
EVANは「日本語ユースプロジェクト」に向けて
新たにスタートを切ります。

多分、
順調ではない日々がまた続いて行くのでしょう。
でも、あきらめずに、
一歩一歩少しずつ前進して行きましょう。

みなさん、どうぞよろしく!

〜あれこれ〜

みんなのアイドル、ようこりんは
「芦田愛菜」ちゃんに似ている!?
本人に聞くと、
「ちょっと前は大橋のぞみちゃん似って
言われていました」とのこと。。
共通点は・・・

三脚を持参して、マイビデオカメラにて
演奏風景を記録にバッチリ残したやんちかさん。
録画された映像を見て一言。
「小川君が切れてる!」笑

冷静さと情熱さを兼ね備えた大脇君。
解散後に熱いメールが届きました。

「最近歌えば歌うほど
満足できなくなっていきますが、
その分曲全体を聴くことが
できるようになりつつあるのかな、
と成長を確認しながら
精進しようと思えた本番でした」

僕は嬉しくてたまらない、
という気持ちで指揮を振っていたので、
なんだか大脇君には申し訳ないですが、
「満足できない」と思う人が、
団のレベルを向上させてくれます。

橋爪はニット帽を被りながら指揮を振りました。
数日前に仕事で頭を怪我してしまったためです。
どうぞご容赦下さい。

超大型新人、けいちゃん。
合唱を始めて数ヶ月で、
ウィリアムバードのSanctusを
立派に歌い上げていました。

打ち上げにて、
「練習の録音を勝手にしてもいいですか?」
どうぞ!お構いなく!気にせず!遠慮せず!

本番前に、福島さんに発声について
質問していた羽根さん。
自ら課題を見つけて、悩みを持ちながらも、
でも、歌い手としてやるべきこと、
人間としてやるべきことを誰よりも
きっちりとされている羽根さんを、
みんな信頼しています。

選曲会議にて、
柔らかい物腰で意見を言っていた小川君。
解散後、
いっちゃんが「小川君、見直したわ〜」と一言。
小川君、見直されてたよ。笑

社会人、一人の人間として大先輩の加藤さん。
加藤さんの人柄で、EVANは素敵な団体になりました。
酔っぱらっても、
しっかり締めの言葉を言える加藤さんを
僕は本当に尊敬しています。

仕事で出演出来なかった吉川さんから
「マジでうらやましぃ〜」

チャンチャン♪

2011年12月12日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ