指揮者のつぶやき

続けていて良かった

おはようございます。
(実家では近所の鶏の声とともに起床できます。)

橋爪は昨日、向井先生の代わりに
ESTの練習進行を務めて参りました。

鈴木輝昭氏の『原体剣舞連』という曲です。
1度2度5度の音程が多様されていて、しかも
男声と女声で調が違う、という難曲です。

音を聴くだけでも一苦労ですが、
拍子も変拍子が入り乱れており、
もう「聴くのも大変」「振るのも大変」
という状況でした。

改めて、向井先生の指揮の技術を再確認したのでした。

聞き間違えも、振り間違えも多々ありましたが、
それでも、2年前に練習を担当した時より、
落ち着いて進めることが出来たように感じました。

EVANのおかげです。
ありがとうございます。

2年前に練習を終えた時は(『リリケアモローゼ』)、
恥ずかしさと悲しさで打ちひしいだものです。

でもそこで、意気消沈して
「指揮なんかやーめた!」と思わずに、
今日まで細々と続けて参りました。

ですので、私としては2年越しで
「自分を試した」という思いなのです。

まだ未熟なのですが、
少なくとも「続けていて良かった」と思います。

EVANのみなさまも、
指揮者がこういう人間ですので、
まあ気長にコツコツ、でも一生懸命頑張って
活動していきましょう!

昨日、ESTで歌っていただいた方、
勉強になりました。ありがとうございました。

2011年07月03日
カテゴリ:指揮者のつぶやき
タグ:


HOME

コメントを残す

ページトップへ