日本語ユースの演奏会

演奏会の告知です。
僕が指揮してる団体「姑の悪戯 de Francois」は「日本語ユース・クワイア」という合同合唱団に昨年末から参加しておりました。

この団体は、
・京都の大学で合唱指揮者をしていた
・現在、三重県の合唱団 ヴォーカルアンサンブル≪EST≫で活動している
・現在、京都でそれぞれの合唱団を率いて活動している
という、3つの共通項を持った指揮者3人の合唱団が参加しています。
そして、その合唱団以外の方も参加しています。

その合同合唱団の最後の演奏です。

***

全曲日本語でお届けする合唱コンサート
“歌う日本語”
主催:Ensemble Musicus (代表 堀 雄紀)
協力:Ensemble EVAN(同 橋爪大輔)・姑の悪戯 de Francois(同 志村文浩)

日時:2012/3/25
会場14:00
開園14:30

場所:京都外国語大学 森田記念堂
(交通アクセス下記)

◆ステージ構成
◇第一幕 懐古的調べの中で
 信長貴富編曲作品
  さくら(「リーダーシャッツ21」より)
  花(「ノスタルジア」より)
  この道(同上)
  故郷(同上)
  ずいずいずっころばし(「7つの子ども歌」より)
 指揮:志村 文浩

◇第二幕 日本語の新しい響き
 木下牧子作品
  どうしていつも(「うたよ!」より)
  いっしょに(「光と風をつれて」より)
  祝福(「ティオの夜の旅」より)
  めばえ(「アカペラ・コーラス・セレクション」より)
  ELEGIA(「ELEGIA」より)
  歌(女声合唱、「わたしは風」より)
  彼(男声合唱、「いつからか野に立つて」より)
 指揮:堀 雄紀

◇第三幕 「日本的」とは何か
 千原英喜作品
  手まり(「良寛相聞」より)
  君や忘る道(同上)
 松下耕作品
  安里屋ユンタ(「八重山・宮古の三つの島唄」より)
  俵積み唄(「北へ」より)
 指揮:橋爪 大輔
 ピアノ:木下 亜子

***

日本語ユース・クワイアは「2011年冬、関西で活動する若い合唱人によって結成。日本語を歌うことを通じて共に学びあい・高めあいながら、日本語合唱曲の持つ魅力を再発見し、新たな形で発信していくことを目指し」活動してきました。

今年二度の演奏を経て、今回最後の演奏会を迎えます。

経験豊富な橋爪さん、音楽その他の多彩な知識を持つ堀君が進める練習に、20歳前後の歌い手が多く参加し、現在演奏会に向けて音楽を作りこんでいます。

今回は、「西洋音楽と西洋の文化を含まない日本語の融合である“日本語合唱曲”」という意識のもと、日本語合唱曲に取り組んでいます。

この日本語ユースの告知を見たり、演奏を聴いた皆様が、日本語合唱曲についてそれまでと異なった感じ方をされれば、私たちにとっては幸いです。

皆様のご来場をお待ちしております。

入場無料!

***

交通アクセス:
・阪急「西院駅」下車、「西大路四条」より市バス3・28・29・67・71番に乗車、「京都外大前」下車(5分)
・京阪「祇園四条駅」下車、「四条京阪前」より市バス3・29番に乗車、「京都外大前」下車(25分)
・地下鉄烏丸線「四条駅」下車、「四条烏丸」より市バス3・29番に乗車、「京都外大前」下車(15分)
・JR「京都駅」烏丸口より市バス28番または京都バス81・83・84番に乗車、「京都外大前」下車(30分)

2012年03月17日
カテゴリ:最新ニュース


HOME

コメントを残す

ページトップへ