指揮者のつぶやき

橋爪マジック

昨日は

2人の生徒と

ボイトレをしました。

 

一人は、

「最近友達と

カラオケに行って

驚かれた」と

言ってくれました。

 

半年前に

トレーニングを

開始した時は、

音程をとる時に、

身体や首を

歪めて歌う癖が

ありました。

 

僕は彼に、

「音痴じゃないよ。

歌う筋肉をまだ

使いこなせてないだけで」

と言って、

トレーニングを

重ねました。

 

彼は明るい

キャラクターだったので、

「その明るさを

キープしたまま

通ってくれたら、

必ず変わる」と

伝えました。

 

そして、

かなり変わってきています。

 

彼の取り組んだメニューを

簡単にまとめると、

 

(1)

まずお腹を

しっかり使って

発声する身体を

使うために、

リップロール

 

(2)

明るい響きを

つけるには

タンロール

 

(3)

それらをより

声に繋げるために

ハミング。

 

(4)

ハミングから

ne no nu ni na

 

これでかなり

音程を取りにくさが

解消されました。

 

 

もう一人は

3回目のボイトレ。

 

「息漏れ」が

気になったので、

リップロールを

完全に息のみで

始めた後、

音を混ぜて

音のみにする。

 

それで

音を当てる感覚を

掴んでもらった後、

メロディを

裏声+スタッカート+ハミングで

歌ってもらうと、

かなり響きと

声量が出ました。

 

その生徒には

帰り際に

【橋爪マジック】と

言ってもらえました。

 

ありがとう!

 

最近、

気づいたことが

あります。

 

ボイストレーニングは

あくまでスキルアップ。

 

スキルアップ以上でも

以下でもない。

 

だから

ボイトレする人は、

トレーニングすることで

何を「手に入れたいか」、

何を「手放したいか」を

考えてみてください。

 

声を磨くことで

人生を豊かに

してほしいなあと

思っています。

image

 

★ 僕の音楽ワークショップ仲間が、

HPを作りました♪ ⇒ こちら

彼女の迫力ある歌声と、

可愛らしい雰囲気に、ファン急増中です ★

 

★ 声を磨いて人生を豊かに ★

大阪でボイストレーニングをしています。

声は一回のトレーニングで変わります(*^_^*)

⇒ 詳細はこちら

2015年06月17日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ