指揮者のつぶやき

エクスマ・藤村正宏さんのセミナーを初体験しました。本当に凄い御方は本当に凄い。

自分が知らない世界を
教えてもらえる、って、

本当に楽しいな、
と思います。

コーラスリハビリの
阪本弘美さん
から、

心屋仁之助さんのことを
教えていただき、

心屋さんのfacebookから、

ハッピー橋本さんの
ことを知り、

ハッピーさんのセミナーで、
エクスマ・藤村正宏さん
ことを知りました。

昨日は、
大阪産業創造館で
開催された
藤村正宏さんの、

【エクスペリエンス・
マーケティング セミナー】

情報があり過ぎる時代に、
選んでもらうための
エクスマ・SNS活用セミナー

に参加しました。

DSC_0046

凄く面白くて、
勉強になって、
行動し続けよう、
というエネルギーを
いただくことの出来る
3時間でした。

セミナーで話されていた内容は、
ブログに沢山書かれていますし

本も沢山出版されていますので、
ご興味のある御方は
それらをご覧ください。

僕が、
昨日のセミナーというか、
もはや劇場での公演を鑑賞して、
思ったことは、

話されている「内容」と
同じぐらい、

藤村さんの
体・声の使い方が
凄いな、と思いました。

* 僕は劇団に
4年勤めていたのと、
合唱をしているので、
非言語の情報に
意識が向きやすいです
(^^)

目線は、
「あ、今自分のことを
見てくれているな」と
思うぐらい、

アイコンタクトが
取れている気がする。

声の高さは、
高くもなく、
低すぎ、でもない、
ちょうど良いぐらいの低音です。

下半身は
ふらつかずに、
ドシッとされています。

話のスピードは
普通よりちょっと速いぐらい。
その速さが、
聴く者の気持ちを盛り上げます。

でも、聞き取りやすい
発声をされています。

まあ、
読む人が読んだら、
偉そうなこと書きやがって、
と思うかもしれませんが、

人前で話すときに、
話す内容と同じぐらい、
声や体をどう使うか、
って大切だと思います。

僕は劇団で、
舞台の袖から、
先輩方の演技を
見ていましたが、

本当に実力のある先輩が、
舞台上に登場すると、

その一瞬で、
客席の集中力は
ぐーーん、とアップしました。

そして、芝居中でも
役者と客席の
コミュニケーションが
しっかりとれた、
(まとまった「笑い」が起こる)
凄い舞台を作っていました。

その能力って、
役者だけでなく、
人前に立つ誰もが、
無いよりかはあったほうがいい、
そんな風に思います。

目線の角度一つで、
場は良くもなれば、
ダラダラしたものにもなります。

そういう点でも、
僕は藤村正宏さんは、
本当に凄い方だな、
と思いました。

本当に凄い方は、
本当に凄い。

最後は宣伝ですが(笑)
声の出し方、
体の使い方は、
トレーニングで鍛えられます。

ご興味のある方は
ぜひこちらをご覧ください

桃谷でこころのトレーニング

2015年10月28日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ