指揮者のつぶやき

“先”を思い描きながら“今”に取り組んで

昨日は伏見青少年活動センターにて練習を行いました。

新メンバー“あさこさん”に引き続き、
今回は“ちーちゃん”が来てくれました。

ホームページでEVANの活動を知り、
練習見学にいらっしゃいました。

誰も知らない集団の中に、
1人でやってくる、というのは
もうそれだけで素晴らしいな、と思います。

これも何かの縁ですので、
“ちーちゃん”には一緒に歌ってもらい、
共にEVANを創っていけたら幸せです。

EVANは今、3年目で、
これまでは練習するだけで必死でしたが、
人との出逢いや、考えの共有によって、
これから先、どういう団を作って行くかが
かなり明確になってきました。

すなわち、
「自主コンサート開催」ではなく「地域へアウトリーチ」
「毎年変わる選曲」ではなく「ある程度固定したレパートリー」

現在は今年度のレパートリーを作る為に、
音取り練習が続いています。

毎回、新曲が増えて行くので、
大変だとは思います。

でも、今取り組んでいる曲目を
自分達のものに出来たら、
今後の活動はスムーズに進むと信じています。

7月の「亀岡」までは
慌ただしい練習が続くと思いますが、
常に“先”を思い描きながら、
“今”に取り組んでいってもらいたいです。

私事で、申し訳なかったのですが、
昨日は自動車教習所の卒業検定を受けていたため、
練習に遅刻しました。すみません。

練習の頭から居ないと、
その日の練習現場の雰囲気がわからず、
そういう意味でも遅刻はあかんな、
と感じました。

一方で、
EVANの活動を進めてくれる
メンバーがいることを
誇りに感じてもいたのでした。

(写真は日本語ユースクワイアin同志社)

2012年04月29日
カテゴリ:指揮者のつぶやき


HOME

コメントを残す

ページトップへ