指揮者のつぶやき

ほんとうにたいせつな仕事

仕事をしていて、最近思うのは、

「面白いかどうか」
「成功しているかどうか」

よりも、まずは

「やるべきことをきちんとしているかどうか」
のほうがよっぽど大切だということです。

それは
「遅刻しない」
「忘れ物をしない」
というごくごく些細な事から当てはまります。

さらに私の仕事で言えば、
「セリフを間違えない・噛まない」
「行動線(役者の決められた動き)を間違えない」
と続きます。

そういう与えられた本分を全うして、
初めて「良いか悪いか」という思考を
することが許されるのだと思ってきました。

ちょっとニュアンスが違いますが、
内田樹先生の「雪かき」を紹介します。

「繰り返し言っているように、
ほんとうにたいせつな仕事は
「雪かき」や「どぶさらい」のようなものである。
別に感謝もされないし、誰かに誇るものでもない。
「やらないとまずいよな」と思う人が
自分の家の前から始める。
それだけのことである。」

「やらないとまずい」ことは横に置く一方で、
全体に対して「提言」をするのはちょっと違うな、
と最近思ってきたのでした。

これは指揮者としての自戒です。

2011年06月15日
カテゴリ:指揮者のつぶやき
タグ:,


HOME

コメントを残す

ページトップへ