プロフィール

アンサンブルエバンは2009年に京都で結成した、若い世代の混声合唱団です。エバンの活動の軸は大きく2つあります。コンサートホールでお客さんを待つだけではなく、自ら地域に出向き、普段は合唱音楽を聴かない一般の方々に向けて、生演奏の迫力をお届けする【アウトリーチ】活動。これまでに、道の駅・病院・区役所・駅前・ショッピングモール・保育園・福祉施設・野外音楽祭・アーティストのバックコーラスなどで演奏を重ねて来ました。また、地域に出向いて演奏をするだけではなく、その地域で生活している方々や音楽団体と一緒に合唱をすることで交流を図る【ワークショップ】も大切な活動の1つです。指揮者の橋爪大輔は大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムを修了しています。エバンは「人の心を動かせる合唱団でありたい。」がモットー。従来の合唱団の活動にとらわれずに、新しい合唱のスタイルを、仲間と共に、地域の方々と共に、探究しています。

聴いて下さる方を笑顔にしたい!

音楽を通して幸せな時間をつくりたい!

l_e5cce30ec079418b03c2c64715102923930eff1b

そんな初心を大切に活動しています。

1433101079611

音楽を聴いてくださった方が、ひととき幸せになれたら、前向きになれたら、

社会は少し明るくなる。

l_caf461981249561b8176e3c8b195bfa77b45f8c5

どんなに難しい世の中でも、音楽は人を癒すことができる。

人の心を動かせる合唱団でありたい。

この思いが、私たちの原点です。

l_3e4194c3147a3ac99f1335baefd3200b3d60f929

 

1108

(バックコーラスの様子 / 大阪城ホールにて)

  • 京都市東部文化会館アウトリーチ事業協力団体(平成25年度より)

* メンバーについて (2015年7月現在)

団員数…16名(活動中メンバーのみの合計)
平均年齢…28歳
学生、会社員、公務員、教員、主婦、自由人…色々な人が在籍しています。

* コミュニティコンダクター Chorus Community Conductor

橋爪大輔 はしづめ だいすけ
歌う経験の少ない人々とも合唱を楽しみ、
コミュニティを活気づける合唱指揮者。

002

「日本のギャレス・マローンになりたい」。
2009年から児童青少年演劇を生業にする劇団に勤務。役者として年間100ステージ程(4年間で約400ステージ)の舞台経験を積んだ後、2014年に独立。空間を広く利用したパフォーマンスの導入や、ワークショップの手法も取り入れて、新しい合唱のカタチを仲間と共に探求している。2004年、佛教大学混声合唱団で合唱活動を開始。2005年、学生指揮者に就き、関西合唱コンクール大学部門Aグループにおいて2年連続金賞(2006年・2007年)&学生指揮者賞(2006年)を受賞。2009年「Ensemble EVAN」を京都で創設。2013年「めめもアンサンブル」を大阪で創設。「みとみっく Meet the Music」代表。スタジオソコ・ボイストレーナー。パソナミュージックメイト登録アーティスト。「いくのみんなでコーラス」指導者。第10回、第11回セゲド国際合唱指揮セミナー(ハンガリー)修了。大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了。上野学園大学音楽文化研究センター 音楽ワークショップ・ファシリテーター養成講座<基礎編>修了。大阪市生野区在住。

これまでに携わったプロジェクト
(1)京都市東部文化会館と協働で『コーラス・コミュニティ・プロジェクト』を2014年10月に実施。<合唱を通じた地域における世代間交流>を形成するために、山科醍醐地域の中・高・大学生、高齢者の方々にワークショップを実施。完成した作品をホールで発表することで、合唱によるコミュニケーションの場を地域に創造する。(2)大阪NPOセンターより依頼を受けて『平成26年度 人権に関する若者と連携した参加・参画事業 合唱ワークショップ』を2015年3月に実施。大阪朝鮮高級学校声楽部・大阪市立梅南中学校音楽部など、6つの団体にワークショップを実施。日本の子どもと在日コリアンの子どもが肩を並べて歌うことで、合唱を通じて多文化共生を表現する。(3)『職場に合唱団を作ろう!〜コーラス・コミュニケーション・ワークショップ〜』を京都市内の企業に実施(2015年4月)。社員の方々で構成されたスペシャル合唱団を結成。<コミュニケーションゲーム>方式のウォーミングアップで交流を促進。男性・女性、上司・部下の立場を超えて同じ目標に向かう<合唱>により、前向きな姿勢や結束力を高める。
Twitterfacebook

1069393_440371679394972_2134196320_n1536636_207568229452148_1401362967_n1557646_535072136591592_2071059051_n

♪合唱について
合唱の可能性

♪ワークショップにつて
ワークショップとは、お互いに気づきあい、学びあう場だよ

♪エバンで考えたこと
私がEVANで育もうとしている力
行き当たりばったり力

♪海外での記録
セゲドでの旅を終えて(ハンガリー)
南フランスの旅で考えたこと(フランス)

♪その他
Dear Vuk Milanovic(日本初演)
「仲良く」はなれなかったけど -中学合唱部との出会い-
生まれて初めて吹奏楽の指揮をした話

* 演奏音源

「たったいま死ぬかもしれない
こころの底からそう思えれば
あらそいもいさかいもしたくなくなる
だれもがたったいま死ぬかもしれない」
(『たったいま』 谷川俊太郎・詩 / 松下耕・曲)

* 沿 革

2009.05.06  設立。京都市内にて、初めての練習を行う。
2011.01.10  組織改編。
2011.05.28  初ステージ。京都合唱祭小アンサンブルコンテストに出演。
2011.夏~秋 3名の団員が結婚。それぞれの結婚式で余興演奏。
2011.12.11  ガレリアかめおか・サンデープチコンサートに出演。
初の一般公開コンサート(約40分)
2012.冬    日本語ユースクワイアとして複数団体と共に活動。
2012.02.26  関西混声合唱フェスティバル(三田市響の郷ホール)に出演。
2012.03.11  Harmony for Japan(同志社ハーディホール)に出演。
2012.03.25  歌う日本語コンサート(京都外大森田記念講堂)に出演。
2012.06.02  京都合唱祭小アンサンブルコンテストに出演。
2012.07.08  ガレリアかめおか・サンデープチコンサートに出演。
2012.09.08  宇治おうばく病院・ロビーコンサートに出演。
2012.09.30  若者のすべて2012(京都VOX HALL)に出演。
2012.10.21  生野区役所ロビーコンサートに出演。
2012.11.10  「響け!大栗裕マンドリン音楽の世界」の合唱隊に賛助出演。
2013.03.10  Harmony for Japan 2013(長岡京記念文化会館)に出演。
2013.07.07  山科中学校合唱部×Ensemble EVAN「合唱ワークショップ」を実施。
2013.07.13  アートパフォーマンスin山科駅(音の広場)に出演。
2013.10.05  ショッピングモール「大日ベアーズ」青空コンサートに出演。
2013.11.10  生野こもれび保育園「シェアリング・バザー」にて出演。
2013.12.21  山科中央老人福祉センター「悠遊講座(コンサート)」に出演。
2014.02.11  合唱団かえでと「第5回関西混声合唱フェスティバル」に合同出演。
2014.03.21  NPOアジアハウス・生野こもれび保育園共催の発表会に特別出演。

* 運営状況

代 表   加藤紘大 (HP制作管理)
副代表  船越祐太
指揮者  橋爪大輔
会 計   黒川幾美

ページトップへ